本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

高齢者の失敗しない食事の選び方

高齢者向け食事のタイプは3タイプ【高齢者の食事で気を付けたいこと】

高齢者向けの食事宅配サービスでは、普通の食事に加え、制限食

介護食(やわらか食)の3タイプが用意されていることが多いです。

高齢者の食事宅配サービスには、具体的にどんな食事のタイプがあるかご紹介します。

高齢者の食事で気を付けたいことは?

例えば糖尿病向けの食事を食べたいのであれば、当然「制限食」を配達してくれる業者が好ましいですし、

単純に栄養バランスの取れた食事を摂りたいのであれば、「普通の食事」を配達してくれる業者が

候補となります。

高齢者の食事でまず気を付けたいのは、栄養バランスが偏らないようにすることです。

高齢になるとどうしても、食事の量が少なくなりがちです。

また歯が悪くなる人や、入れ歯を使う人も増えてきます。

よって少ない食事量でもきちんと栄養が摂れるよう、食べやすくする工夫が必要です。

食材を細かく刻んだり、すりつぶしたり、柔らかく煮たり、とろみをつけたりムース状にしたり、と

噛みやすく飲み込みやすくするために、調理法を使い分けるのがおすすめです。

また食事は口に入れた時の食感や味付けだけでなく、香りや見た目も大切です。

食欲をそそる香ばしい香りや、いかにもムース食といった見た目よりは、

普通の食事と変わらない見た目の方がおいしそうですし、食べる人にも喜ばれます。

普通の食事で摂るべき栄養素はこの3つ

高齢者が食べる普通の食事では、必要な栄養素が摂れるようバランスに配慮したいものです。

高齢者が摂るべき栄養素として挙げられるのは、

糖質

脂質

たんぱく質

の3つです。

糖質や脂質は、「体重が増えるから避ける」というのは間違いです。

糖質や脂質はエネルギーの素となる栄養素で、毎日元気に活動するためには欠かせないものです。

糖質や脂質を制限する場合は、医師や栄養士からの指導を仰ぎましょう。

またもう一つ、たんぱく質は筋肉や血液など体を作る素となるもので、

高齢者はもちろん、すべての世代で大切な栄養素です。

筋肉は体の組織や器官の中でも、カロリーを代謝する割合が最も高く、

たんぱく質をしっかり摂ることで筋肉が増え、代謝アップにつながります。

また、ビタミンやミネラル、カルシウム、鉄分、食物繊維なども高齢者の摂るべき栄養素です。

必要な栄養素をしっかり摂るためには、1日3食規則正しく食べることです。

3食プラス間食=おやつで補うのもおすすめです。

制限食が必要になる理由は?

高齢者と呼ばれる年齢・65歳を過ぎると生活習慣病=持病を抱え、医者通いや服薬する人が増えてきます。

食事もカロリーや塩分、糖質、脂質、たんぱく質などの摂取量を制限する、

いわゆる「制限食」を病院で指導されることも出てきます。

生活習慣病は自覚症状が乏しく、自分では気が付かないまま、かなり病状が進行してしまうこともあり、

放置することは避けたいものです。

高齢者に多く見られる生活習慣病は、

糖尿病

高血圧

脂質異常症

脳血管疾患

心疾患

腎臓病

がん

などです。

制限食は食事療法とも呼ばれ、食生活を改善するためのものです。

制限食が必要になる理由は、これまでの食事の内容を見直し、摂り過ぎている栄養素を減らすためです。

食事療法を行うことで病気の進行を遅らせたり、未病の段階で抑えることに役立ちます。

ただし制限食作りでは、食べられない食材を除いたり、栄養計算をしたり、調味料を計量しなくてはならないので、

作る人には大変な負担がかかります。

そんな時には、管理栄養士が監修した制限食の冷凍弁当(配食サービス)を利用すれば、

栄養バランスも考慮された食事がいつでもすぐに食べられるので、大変便利です。

介護食(やわらか食)

介護食は、噛む力・飲み込む力が弱くなってきた方や、歯がない方、入れ歯の方に、

食べやすく柔らかく調理した食事のことで、おかゆやムース食、嚥下食などがあります。

高齢者の食事は軟らかく煮たり、薄く切ったり、細かく刻んだりして、食材の本来の形を残して

調理することが多いのですが、介護食は食べやすさを優先的に考え調理されています。

食べやすさだけでなく、のど越しの良さや消化の良さ、さっぱり感なども大切にし、

食べる楽しさも必要です。

介護食を柔らかく調理するには、硬い野菜などはあらかじめすりおろしたり、

イモ類や豆類は蒸し調理でふっくら柔らかく仕上げ、つぶして使うことができます。

介護食で気を付けたい食材は、

「酸味のあるもの」「ぱさぱさするもの」「弾力のあるもの」で、食事を提供する際ひと工夫が必要です。

・酸っぱいもの・・・むせやすいため

・ぱさぱさして水分の少ないもの・・・きな粉やすりごまなどは水分を含ませる

・こんにゃくや餅・・・のどに詰まりやすいので、小さく切る

介護食も作るのに大変手間や労力がかかるため、柔らかい食事やムース食などは、

まとめて作って冷凍するのがおすすめです。

また冷凍の宅配介護食(やわらか食)は、栄養バランスに配慮して作られているので、

面倒な栄養計算が不要です。

冷凍庫にストックしておくと、忙しいときいつでもすぐに電子レンジで温めて出すことができるので、

活用をおすすめします。

なお介護食の配食サービスは介護保険の適用外ですので、基本的に自己負担となります。

https://niigatasenior-syokujitakuhai.com/yawarakai/

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り